Populus Populus感想とか

ユニゾンスクエアガーデン新アルバム「Populus Populus」

ユニゾンTV最終回で行われたセルフライナーノーツ?インタビュー?のコメントを載せてるのと、あと私の感想もいらないのに書いてます。ユニゾンがあまりにも好きすぎて深刻に聴き過ぎて語弊が生まれそうな意見もちらほら書いちゃってるんで、盲目的な方は読まない方がいいかもしれません。
あとユニゾンTV最終回のレポートも…アルバムにコメント寄せてた各著名人の方々のコメントも頑張って打とうとトライしたんですが、面子が凄すぎてただ私が興奮してるだけのものになってしまったごめんなさい


3 minutes replay

世界が変わる夢を見たよ だけど今日もひとりぼっち
救済の崇拝は粉砕でこぼれおちた

ユニゾン談・ファーストのクローバーは本当は一曲目に入れたかった、そういう雰囲気の曲で一曲目をやりたかった
あー、だからファーストのツアーは一曲目にクローバーだったんだ…
でもこの曲はクローバーに比べて圧倒的にバンドのアルバムとして王道の一曲目って感じがします。キラキラした中にも足腰強い軸があって、歌詞が開いてるように思える。


kid,I like quartet

キレイにメッキ塗りたくって 汚いところ見せないで
お涙頂戴彷彿 って ふざけんなよ
オブラートに包んだら食べられておしまい
ああ ああ 何か調子が狂うんだよ
四つの感情が行き交って 次々に色を成して
この街が幸せになって そんぐらいのコントラストを奏でているんだよ

ユニゾン談・むかついたらむかついたって言えっていう歌、イントロの鈴木さんの曲は5拍子
ラップ部分は、歌詞耳コピですが
いつも理由なく神に背いて(カウンターアイデンティティ)
何の躊躇もなく箱庭居座って (箱庭ロック・ショー)
お姫様助ける様
あるわけないのに夢ばかり見て
それより純情な感情現実へ徐々に
喜怒哀楽を偽りなく外に吐き出して(この曲)
フルカラーにするから まともなプログラム(フルカラープログラム)
Can you see?
合ってるはず、多分。三人の内誰かがキャンユーセーイって言ってる気もせんでもないからそこだけ不安…カッコに入れてるのは歌詞に使われてる曲です。
どういう基準の選出だろうって思ったけど、
神に背く→カウンターアイデンティティは元々「神に背く」っていうタイトル、ここで昇華させた?
箱庭→箱庭は「スクエアガーデン」って意味もあるからバンド名入れてみた
喜怒哀楽→曲タイトルと歌詞の伝えたい意味
フルカラープログラム→バンドで初めて好きな音ばっかり詰め込んで作ってみた曲
くらいの理由で持ってきたのかなって。そう考えれば特別なタイトルが並んでるなあ…

純粋に曲として私はこの歌大好きです。アニソンっぽい感じは否めないけど、ユニゾンはこういうポップな歌が本当に似合うし田淵さんはポップな方の広がりがすごいと思う。
明るい曲で泣きそうになるって幸せなことだよなあ。オリオンやこんな曲なら一般にも流行らない意味がわからないから、もっともっと全面に出してCMでもタイアップでも取りまくればいいのに。自分が中学生の頃にこの歌に出会えてたらなあって、心底思う。


プロトラクト・カウントダウン

「一方的に状況は膠着が続いてます 一旦スタジオ お返しします」

なんか違うよなんか違うなんか 今さっきちょっと思ったんだ
君を泣かせる世界の方がおかしいよ
こんな時代に生まれ落ちたんだ 胸張って笑える準備をしよう
胸の奥 こだまする 時計が チクタクチクタクチク

ユニゾン談・マイナーキーで速いポップな曲で色々仕掛けよう、盛り込もうとした。途中16分の13拍子になってる。ラストの「リミット!!」は30回以上録りなおした。
マスターボリュームをライブで演奏する時にイントロとして作った音から派生して出来た曲らしいです。あれ、これオーバードライブのことだっけ?いや多分これもそうだったはず。オーバードライブとこれがそう、だったような。
ユニゾンはポップ面が幅広い分ロック面の引き出しがちょい狭いかなって思うけど、かっこいいんだよ…私マスターボリューム系はほんと弱い…同じ系統でもいくらでも好きになると思う…
歌詞を読むと、すごい前向きなんだけど、チクタクのおかげで世界が終わる歌みたいだ。僕と君の世界が終わるのかなあ。田淵さんのことだから綾波とか…最終兵器彼女とか…可能性がすごいある気が…


きみのもとへ

ユニゾン談・四つ打ちの曲を久々にやろうと思った、クラップの入れ方はなるべく人がやらないような入れ方にしてみた
これ…どうしよう…すっごい恥ずかしい…(笑)歌詞どこを抜粋しても恥ずかく思えて載せられない…!!
これほんとに田淵さんが書いたの?本当に?ウォントゥーフィール?ビートゥービー?…うあああああああ(困惑)
鈴木さんのドラムの安定感が唯一私を安心させる曲です。なんかこれ、情緒不安定になる。なんでだ、だけどビートゥービーのせいか。なんだよだけどビートゥービーって。
クラップもサカナクションのネイティブダンサーとかピロウズのパープルアップルとかに比べたら相当普通なんだけど、ゆっくりしたテンポなのにこれなのがすごい不安になる。なんだこの曲。なんだこの曲。わけがわからないよ。
いや、嫌いじゃなくて!!わからなくて!!でもライブだと楽しいんだろうなああちっくしょおおおおライブ曲だったあああああ


僕らのその先

気づけば一人 君の背に手を振った
静かな街に 少しずつ影、落ちる 落ちる
さっきまでの ピースはなんだっけ
頭のどこかにあるはずなんだけどさ、思い出せないや

神様となら昨日話してきたけど
君と話してるほうが200倍くらい楽しかったな

どんなときに書いたのかと心配になる曲(ライターさん談)
ユニゾン談・一番ピアノがフューチャーされてる曲
うわどうしたんだユニゾン!って言われたい曲
丁寧なコーラスを迫られての鈴木さん「いかに普段自分が丁寧に生きてないか思い知らされた」
意外と鈴木さんは静かなドラムがいいと田淵斎藤談
鈴木「全然俺普通に叩いてんだけど」
田淵「これ普通なんだって!普通に叩いてんだって!!ふーん!!」
なんていうか、どうしたんだユニゾンっていうか、どうしたんだ田淵
正直きみのもとへからのこの流れがすごい恐かった。でも歌詞よく読んだら、田淵さんってずっとこういう日常を切り取るような言葉や音を表現したかったのかなってなんとなくわかってきた。
しかしそういうのってスガシカオさんとかいう人が神がかって上手いんで、あの人のをすごい聴いてきた私には、ちょっと情景を詰め込みすぎなのと歌詞多いんじゃないかなーって、すみません私ごときが口出して本当にすみませんユニゾン大好きです
でもこの歌、切り取り方が様々だろうなって思う。高校生、大学生、新社会人、家庭持った人、30後半、40前半、そんな感じで歳を重ねて聴く度に思い浮かぶ画がどんどん違っていくんじゃないかなって、だからユニゾンもこの一曲はすごく長く弾いてほしい。


スカースデイル

不安を抱えてしまった 君を笑わせるためなら
魔法使いかなんかにもなれるんだよなあ

鈴木「草原が見える、山脈も見える」
田淵「どっちかにしろよ」
なんか、えらく優しい流れからこの曲に入るから、ほんとに今までのユニゾンとは明らかに違うアルバムになってる。
あと、やっぱり声の乗せ方がこの歌はほんと突出してキレイ。ボーカルの人の作る歌だよ!
田淵さんが音作って斎藤さんが歌詞乗せるとかやってみてほしい、あ、歌詞は田淵さんが書いてもいいから歌乗せる作業を斎藤さんが…田淵さん自分の歌は溺愛するだろうからやらないだろうけどさー
この曲を初めて聴いた時、歌詞がものすごい普通だから歌詞は斎藤さんじゃなく田淵さんがいいなあって思ったんだけど、今回のアルバム聴いて田淵さんも優しいポップな歌の歌詞は私にはいまいち響かなかったんで(いやスルメかもしれない)、二人して頑張ってほしいまずはスガシカオさんからパクってきたらいいと思います←


ワールドワイド・スーパーガール

さあ、これが一つ答えですか 科学的にはいかがですか
とか問い詰める間に地球が回って
勝ちのコーズはなんですか 何か秘策お持ちですか
っていうか生まれてこの方全然最高潮ですから

ユニゾン談・元気印。一番昔に作った曲、お蔵入りにしようかと思ってた、今回入ってなくても良かったけどディレクターさんが気に入ってくれた
斎藤さんは音痴に唄ってみた、自分の中のガードしちゃうとこをなくすためにだめなところから出していこうと。
鈴木さんにしてはすごいシンプルなドラム、ひたすら練習のような叩き方。
ラストサビの前の鈴木さんの笑い声を注目してほしい。
この曲、最初に歌詞見ずに聴いた時にサビ入って「うわーすごい!!清涼飲料水のCMみたいな曲だ!!!ポカリいけるよポカリ!!」ってめっちゃテンション上がって、何故これにポカリのタイアップがついてないのか意味がわからないくらいで
しかし歌詞見て
今世紀最大の ってあおってる割にはちっとも 俺には期待はずれだな
せっかくですからワールドワイドのテンションでガタガタ騒ぐ
端から端までCMに使えない歌詞だったぜちくしょう
ポカリ狙う気なかったのか田淵さんちくしょうこんなに複雑な気持ちになったの久しぶりだよ!!!!
すごい斬新な「今世紀最大」の使い方…(笑)
あああー、私の脳内では既にショートカットの女子高生が裸足で夏服でポカリ持って海に向かってく映像があったのに…今世紀最大の…あおってるわりには…ちっとも…期待はずれだな…せっかくですから…ガタガタ騒ぐ…
素晴らしいタイアップを取り逃した気分だよ!!!!!なのにこの歌詞が大好きなんだよどうしたらいいんだよ!!!!!!
愚痴ここまで
感想、今回の収録曲は喜怒哀楽、ハミングバード、スカデ、カウンター、オリオンが元々聴いてた曲で、他の初聴き曲の中ではこれが一番好きです。爽やか!!可愛い!!痛快!!元気!!
ディレクターさんが「馬鹿な曲やろうよ!!」ってのでこれを収録したらしいですが、この曲の歌詞は本当に田淵節がきいててすごい素敵だと思う。特に「さあ、これが一つ答えですか」がいかにもでめちゃくちゃかっこいいのに更に「科学的にはいかがですか」って続くところが田淵さんが田淵さんであるところでユニゾンスクエアガーデンですよ!!
これ、ユニゾン知らない人にすごい聴いてほしい曲だなあ。そういう人にも夏になると聴きたくなる曲になってほしいなあ。
あと中盤のワールド!!ワイド!!スーパーガール!!!!と、もう一回!!は絶対にライブで叫び逃さないように!!!忘れたら絶対後悔しますよ!!!!


CAPACITY超える

キャパシティ超える 事例があって困る
テレビの中で 悪役キャラが勝ってる

田淵「ユニゾンの音楽を楽しんでほしい、僕はそんなに引き出しは多くないけどこういうのもあるよっていうのをアルバムに入れたかった」
斎藤「キンキキッズみたいな曲だなって印象があった」
田淵「炊きたてのご飯はどうなるんだ!!ってのが自分で書いておいてどうなるんだって知らねーよって思いながらずっと笑ってしまってた」
鈴木「ゴミ箱にあった缶とかでも叩いてる」
大嫌いなあのミュージシャンの部分は自分の嫌いなミュージシャンを入れて唄ってくれとの事です。例・ユニゾンスクエアなんとか(歌・斎藤)
えーーーーと
ああ、こういう引き出しもあるんだあってのが第一印象で、意外は意外だったんですけど
私、この手の音楽、死ぬほど好きで。
奥村愛子とかめちゃくちゃ聴くので…うう…音が少ない…派手さが足りない…かっこいいのはかっこいいんだけど…やるならもっと華やかに…せっかくこういう色っぽい音やるならサックスとかピアノとか持ってきて…なんで3人だけの音に留めちゃったんだよもったいない…!!!
このシンプルさはライブでやってほしくて、せっかくアルバムで3人以外の音もやるって方向に今回から決まったんだからこの曲も派手にやってほしかった…本当にもったいない…あと途中変調とかあったらもう文句なかった…
いや、私のユニゾンに対する期待値が高過ぎるんだ。ユニゾンがこういう音楽やれるってだけですごい事なんだよわかれよ私
愚痴終わり、歌詞について
「悪役キャラが勝ってる」「とって置きすぎて腐ってる」「この国を捨てたら炊きたてのご飯はどうなるんだ?」「寝ても覚めてもおんなじ景色ならどうすりゃいいんだよ」
キャパシティ超えるっていうか、超えてるんですよね。現状が。
痛烈というか、こういう風刺的なものを田淵さんが書く事がなんか…意外?意外ではないんだけど、ああ、書くならこういう音に乗せるのかあって納得しました。こういう事書くのあんまり好きじゃなさそうだけどなあ、溜まり溜まったものがあったのかな。
ラストサビで「揺らしてよマスターお願い」ってのがいいですよね!!マスターボリュームから来てますね、お願いされたよマスター!!ジュークボックスの出番だよ!!
しかしやっぱり真剣にジャズバンド集めて特別版として出してほしい本当にもったいない(しつこい)


場違いハミングバード

ああ迷子のため息.com ともすれば皮肉のるつぼ
でもそれがあるから ほら反動が半端じゃない
場違いなハミングバードでも 2歳の頃から知ってるよ
「明日の切符ならネットでも買える」

ユニゾン談・ライブでずっとやり続けてる曲だったからレコーディングでの目指すべきところが皆はっきりしてた
サビで急にポップになるところが聴きどころ
文句なしの名曲なんですが!!!歌詞が!!わからない部分があるの!!最後の5センチってなんで5センチなのさ!!!!気になって気になってもう!!!アジカンは君と僕の距離は5メートルくらいがちょうどいいって言ってたじゃないですか、こっちはえらい縮まりようだからなんだなんだどういうことです
しかしこれほんと、聴けば聴くほど好きになる。ライブでもユニゾン大好きだー!!ってたまらん気持ちが爆発してしまう曲だけど、音源で聴いてもこんなに楽しいか…
歌詞は「僕はまたつまらないことで 君を泣かせたりしてるの」ってのがもう大好きなんだけど、田淵さんが「明日の切符ならネットでも買える」という名言をゴリ押ししてたからこっち載せました。
皮肉のるつぼ、そういうツールがインターネットに溢れてて、こもりがちになる。そこでため息を吐き出して迷子は余計に迷子になって現実での反動が半端じゃない。
「明日の切符ならネットでも買える」って、初めて聴いた時、スピッツの運命の人の「愛はコンビニでも買えるけれど」の現代版かなって思ってしまいました。だから「けれど、もう少し探そうよ」って付け加えたくなる。そうくると個人的にはすごいしっくりくるんですが、でも田淵さんが言いたいのはそうじゃないんだよなー未来はネットでも本当に買えるんだよ、ワンクリックなんだよ。音楽にすぐ出会える。その選択肢を無いことにしようとする大人馬鹿じゃないの。って事なんだろうけど、うおーーー私はむしろこれを勘違いして捉えた輩が間違った方向に自重しなくなる不安が半端じゃないってばーーー、いやそんなのは勝手にやらせとけばいいんだろうけど!!
ライブで忘れちゃいけない部分→ワワワワンツースリー!、しゅじゅっつっちゅー、ワワワワンモアターイム!
それにしても、この曲は今後ライブ必須曲になるだろうから…ユニゾン、必須曲増えすぎてない…アンディ、ガリレオ、センチピ、アイラブ、オリオン、場違い、喜怒哀楽…対バンとかフェスとかで大変だ…


カウンターアイデンティティ

一切が見えてるからって偉そうにしないで
空に向かって誓いなさい、なんて信じたくもないんだから

ユニゾン談・インディーズ時代からやってる曲、メッセンジャーフロム全世界と同じ時期に作った曲
カウンターアイデンティティはシングル化の前は「神に背く」っていうタイトルでしたが発売にあたり規制がかかったんです。そんなところ駄目なもんなんだなあ…どっかの宗教団体が面倒臭いとか?本人達もタイトル変更はすごい抵抗があったみたいだけど、最終的には今のタイトル(カウンター)で納得していると当時ツイッターかブログで田淵さんが言ってました。
でも改めて歌詞見たら、どう読んでも神に背く以外のタイトルがあるかって…
個人的にはこの歌はあんまり、好きじゃなかったです。今もまだ苦手なんですが、ライブで聴くとめちゃくちゃかっこいい事を知ってだんだん聴けるようになってきた。
私、ウィンドウ開けるとか夜が揺れているも苦手で、斎藤さんが癖のある声だから、こういう我がすごいきつい歌は聴いてて極彩色な映像が頭に出てきてうわーってなってしまう…でもこれは本当に好みの問題だから、こういうのが大好きでユニゾン好きになった人もたくさん居ると思う。
しかしそれを抜きにしてもすごい浮いてるなあ…アニソンタイアップだから入れなきゃいけなかったんだろうけど、どうして場違いからこれにいって未完成デイジーにいくのかとびっくりしてしまう。


未完成デイジー

いつか僕も死んじゃうけど それまで君を守るよ
頼りないけどそれなりに 笑わせてあげれるから
呼吸のような幸福を誓うよ
未完成のダイアリー そっと挟むデイジー

ユニゾン談・田淵がラブソングを書くとこうなるっていうのを言いたかった
永遠に君を愛するっていうようなラブソングが溢れすぎてる、それに対してうるせえって言いたかった、結婚式に使ってほしい
斎藤さんが自分の兄ちゃんの結婚式で自分で唄った
鈴木さん「歌詞がすごいしみてきてうかつにも泣きそうになった、田淵の曲あんまないじゃん、そういうの、炊きたてのご飯とかさー」
ハァイ!ラブソングにうるさい方、ユキノです!
怒らないでください
60点
怒らないでください、マジで、荒らさないでくださいごめんなさい私はユニゾンが死ぬほど好きですユニゾンに救われて今を生きてますお願いだから怒らないでください怒った方は読み飛ばしてください
あからさまに胡散臭いラブソングに対抗して、わかりやすい言葉を並べたの?
ここまでストレートな言葉を使わなきゃいかんかったか…
嫌いじゃない、けど、ひねりがない…ひねらなくていいのか…純粋なラブソングだもんな…でも物足りない…田淵さん、すごい自信満々に語ってたから、私の解釈が足りないところがあるんだろうけど、それにしてもこれはきみのもとへやカウンターアイデンティティみたいな、確実に私と田淵さんのわかりあえない好みで埋まらない解釈からの違和感とは違う。
音が本当にシンプルに優しくて綺麗でミスチルみたいな超王道だから、歌詞、もうちょっと…「いつか僕も死んじゃうけど」って、なんだろうな、ラブソングで「死んじゃうけど」って言い方してからの「守るよ」がなんか嫌だ、言いたいことはわかるんだけど、田淵さんが敵意を抱く世の中に溢れてるラブソングに反発しようとしてそれが全面に出てしまって相手のことを置き去りにしてる印象がある。それって、「永遠に君を守る」って言ってるのとほぼ同じナルシスト性を感じる。
いや、すごい失礼なことを言ってるのはわかってるんだ。田淵さんにそんな気は毛頭ないのはわかってるんだけど、聴こえてしまう。ファンでもそう聴こえちゃうんだから、この歌詞は凄く危ういと思う。
私、最高のラブソングってなんだっけかと思い返してぱっと出てきたのがバインの「lifework」なんですが、あれ多分田中さん、26か27あたりで書いてますよね。神か。神だった。
「呼吸のような幸福を誓うよ」って言葉はとても綺麗で聴くだけで幸せになれる一節だと思いました。
「それなりに笑わせてあげるから」も、今までユニゾンの歌詞の世界観で田淵さんが積み重ねてきたものがあるからどうしてそういう風な伝え方になるのかわかるっていうのがファン冥利に尽きるなあと思う。
田淵さんも初ラブソング(初?クローバーも私にはラブソングに思える)だから、これからまだまだ成長するんだろうな…なんかすごい感性が若いなって思う。長澤くんとか当時の田中さんとか、感性が老成してる勢いだなって歌詞見たら思ってしまうけど、田淵さんは今後どうにでも進化するよなーってつくづく思った。


オリオンをなぞる

オリオンをなぞる こんな深い夜
つながりたい 離されたい つまり半信半疑あっちこっち
新未来を願う 空前絶後の
言葉がもし、もし紡げるなら 時間が止まるよ

ユニゾン談・言い出しで驚かせたかった(ご機嫌よう、どうかしたんだ?じゃなくて、ご機嫌よう、どうかしたんだろう?)
斎藤「いわゆるシングル曲だよね。ここが出来てアルバムが出来るっていう」
鈴木「ユニゾンの突破口になってくれてる、一番先端の大事なところにオリオンをなぞるがいる」
何度聴いても飽きない
アンディもガリレオも23時25分もフルカラーも喜怒哀楽もそう、ユニゾンの凄味って何度聴いても飽きない名曲が大量にあることだよ!!!!
田淵さん、本当に天才だと思った。「0から何かを作ることは出来ないけどそれに影響されて作ることはいくらでも出来る」みたいなことを以前言ってましたが、それを思うと本当にタイバニ様様です。またアニソンタイアップかよちくしょーとか思ってたのごめんなさいタイバニが無ければこの歌は生まれませんでした。
私、大好きなバンドが曲を出して素敵な形で一躍有名になったってのが今回初めてなんで、本当に嬉しいです。昔粉雪の人が粉雪を出して一躍超有名になってわけがわからないよ状態の曲を連発しだしてファン離れてしまうというとても悲しい事がありましたが、ユニゾンはぐいぐい引っ張ってくれる、切っても切れないんだ!!
まあタイバニから入った人は殆どが一見さんだろうな。次の音源でどれくらいの人がついてきてくれるかが肝心だハマれどんどんハマれ!!
タイバニから入った人は、「キャッチーだけど歌詞わけわからん」って思って、で、フル聴いてうおおおバニーちゃんの歌じゃああんって名曲認定になったパターンが多かったらしく
そうか、田淵さんの歌詞って確かにわけわからん印象もたれやすいかもなあ。
でもこう、たとえば逆に
「新未来を願う」「さあ、右手を伸ばして」「ナイフを持つその、本当の意味が」「さっき立ってたんだし、立てないわけがないよ」「光る声は」「僕がいて あなたがいて それだけで十分かな」
これだけ聴くと本当にお腹いっぱいの、ありふれにありふれた歌詞なんですが、そこに
「ごきげんよう どうかしたんだろ?」「千里眼?めっそうないです」「判定は審議の連続で」「つまり半信半疑あっちこっち」「最新の技術に関した盛大な発表に乾杯」「千里眼?今はなんとも」
こういう一見意味不明の歌詞とさっきみたいなお腹いっぱいの歌詞が混在して絶妙なバランスを保ってて、陳腐な言葉がきらきらした意味を持って、首を傾げる言葉がわかりやすい意味を持って、そしてそれを理解したらようこそ田淵ワールド!!
私が未完成デイジーに関してもうちょい頑張れたんじゃないかって思ってしまうのは、多分こういう田淵さんらしい複雑さがあんまり無いからなんじゃないかなあ。オリオンの歌詞が凄すぎるからハードルが上がりまくったんだ…
それにしても本当に名曲、もっともっと広まれー広まられてー


シュプレヒコール~世界が終わる前に~

ああ 聞こえてる 聞こえてるんだよ
ありふれたそのフレーズも 急かす星の囁きも
ああ 自分の声で届けたいから
何度でも何度でも ここに立って、そして

声が枯れても繰り返さなくちゃ 世界が終わる前に

田淵談・僕がすごい今のJポップだったり、当たり前に語られてることがこれは違うだろって思ってることを形にしたんです
今世紀には今世紀のやり方がある
今世の中に対して言いたいことがあるといえばこれです
鈴木「俺は田淵のトゲ好きだよ。ミスチルも好きなんだけど、ミスチルの何がいいってポップなんだけどトゲも入ってるでしょ」
言いたいことはわかってはいるんだけどどうしてもバニーちゃんの歌に聞こえる魔力がかかってしまってる、眼鏡兎め…どうしてくれる…
今回のアルバム発売にあたっての、数回のユーストや、このセルフライナーインタビュー?や、この歌を聴いてて思ったのが
ユニゾンって、そんなに必死で一体何と戦ってるんだろう?
そんな事を思われてやしないかなあって。
長澤くんって、すごいわかりやすい人だと思うんです。表現はひねくれてるかもしれないけど、仲良くしてくれる人に聴かせたい、クソなもんはクソだ、音楽でも人間でも同じだっていう事を言ってるのは誰が聴いてもわかると思う。
ユニゾンって、なんていうかもっと複雑で具体的なものに対峙しようとしてるから、敵が見えないって思われて避けられていってやしないかと不安になる。
しかもこれの何が恐いって、田淵さんが言いたい事を斎藤さんがどこまで理解してるんだろう、そこに温度差はないんだろうかって考えてしまう事がすごい恐い
ボーカルが全て作詞作曲してるなら、メンバーが歌詞の意味を理解してなくたって構わないけど、ユニゾンはそうじゃないから斎藤さんが言葉を「唄わされてる」状況になってやしないかがすごい恐い。
今までそんな事は思わなかったんだけど、今回はあまりにも田淵さんが伝えたい言葉を詰め込みすぎてるからこういう考えが過ってしまったのかもしれない。なんていうかまさに「ああ、うるさいな、気に入らないんだよ 僕が言うべき言葉は僕しか知らないのに」状態になりやしないか…こわい…
ちゃんと成立してるからユニゾンなんだよな!!!大丈夫だよな!!!
それにしてもこの曲ほんとに切ない。このピアノ大好きだ。斎藤さん、やっぱり早口の流れるような歌とっても綺麗だ。

アルバム総括
喜怒哀楽とオリオンとスカデとカウンターがまだ個人的にアルバム曲として馴染んでないから、微妙としかいいようがない…そりゃこれらが馴染まなかったら微妙だよ…
どうなんだろうなこれ、正直もうちょっと飛びぬけてポップに振り切ってくると思ってたら、ポップはポップなんだけどわりと落ち着いてたから構えてた分どうしたらいいのかわからなくなった…
なんか、あの
前回のと比べて速い曲が少ない。だから即効性がない。ただ前回のは速い曲だらけで、どの曲がどんなだったかぱっと区別がつかない印象もあって、どれも好きなんだけど強烈な印象が薄い。ライブ使用なアルバムだなってイメージ。
今回のはメリハリがあるからどれがどれかぱっと思い出せるし個性があって、一枚のCDとして聴くアルバムだなって思った。だから多分そういう事も含め馴染むのに時間がかかる。
そう考えるとファーストやっぱりとんでもないなって今更思いました…
あ、でも、やっぱり喜怒哀楽とオリオンは名曲としてめちゃくちゃ強いから、ユニゾン初めて聴くって人はこのアルバムがいいと思います。3→1→流星前夜→2→新世界ノートの順で聴いたらもう楽しくて仕方ないと思う。
今回、ファースト超えるんじゃないかってくらい凄いの来ると思ってたし実際ファースト超えたって言ってる人たくさんいるけど、私はやっぱり次回だと確信しました。勝手に!!次回が神アルバムになるぜ!!!しかしオリオンを超える名曲が来るのは私のキャパシティじゃ考えつかない超えたら田淵さんどこまで神になるかわからない!!!!



ユニゾンTV最終回

ユニゾンフレンドパーク
!?
田淵サングラス「司会の田淵関口ひろしです」
斎藤さんダックスフンドを実家で飼ってる
田淵「では7月7日になぞらえて、日本犬名鑑に載っている犬の種類を77匹、お願いします!!」
鈴木さん走る、斎藤さんチワワの名前を5つくらい答えるけど時間切れ、キレる

ユニゾンフレンドパーク2
田淵さんの立ち方はなんなのwwwwwなんで斜め45度www
ルール・斎藤さんがメロディーにあわせて田淵さんの背中を叩く、それに合わせて田淵さんが歌う、それを鈴木さんが当てる
曲の視聴中、あらぶる田淵(前後左右に動きまくり)とイヤホン分け合ってる斎藤さん「おおおあっぶね(笑)」
ゲームスタート・叩かれる側なのにあらぶりが収まらない田淵、斎藤さんとりあえず叩いてみるけど全然音出ない、たまに田淵さんが唄うけど全くわからない、鈴木さん無理ゲーすぎて答えられない
正解はドラゴンボールゼットオープニングでした
まったくわからんかったよ!!!!

ツアーグッズ発表
これは公式に上がってるんで是非見てください。
ま…マグカップ…だと…そんなの買ってどうしたらいいんだ…使うのか…可愛い、可愛いけど…
缶バッジでけえ、どうしたらいいんだ
ペンケースかわいー!!!ほしい!!物差しかわいい!!!ほしいいい!!ほしいけど全然見せびらかせない!!ライブに所持できるグッズがいいのにな!!!!ペンケース買おう!!!


各著名人からのアルバムへのコメント

日本放送アナウンサー吉田さん
ユニゾンを応援するってどういうことか?
具体的には自分の周りの人にすすめなさい
でもユニゾンを好きな人って、中途半端に好きな人がいない
だから人にすすめて、いまいちって言われると自分の大切なものが欠けるようでこわいと思うけど、そこは我慢してすすめてください。
そしたら本当の友達が見つかる
今回のアルバムはユニゾンを今まで触らなかった人にもきっとわかってもらえる、だから勧めましょう。
おお…吉田さんいいこと言う…さすが前回ツアー大阪まで遠征して一人でライブ見て号泣した人だ…

トライセラ和田さん
わださんだあああああああああああああかっけえええええええええええびっくりしたあああああああああああああああああああ
なんだあああああああドキドキするううううううう
「んーーー…あのー…そうだなー何から話しましょう…」
わださんかっけえええええええええ何言ってもかっけえええええええええええ
「ずっと斎藤くんが作詞作曲してると思ってたら違うんですね!」
かっけええええ今更の天然でもかっけえええええええええええ
「ポリス的なものをすごくイメージしてて…ユニゾンももしかしたらそうなんのかと…(ボーカルワンマンでソロになっちゃうかと)でも田淵くんがやってるなら、長く続くなと」
なんの話だああああああああああでもかっけえええええええええええ
「キャパシティ超えるですね、好きです」
あああ好きそううううううかっけええええええええええええ
「トリオバンドとしてお互いこれからも頑張りましょう。」
全然話がまとまってねええええええでもかっけええええええええええええええ
ユニゾン三人大興奮!!!仕方ないそれは仕方ない!!!!かっこよかったああああああ

イズミカワソラさん(ユニゾンライブのSEに使わせてもらってる人です)
イズミカワソラさんからコメントきてるじゃああああああああああん田淵さんやったああああああああああああ
泣きそうになる田淵さん良かったほんとによかったね報われてる!!!
イズミカワさんめっちゃいいこと言ってた聞き入ってしまったせいで全然書けなかったあああああああ

バックホーン山田さん
なあああああああああああああバクホン山田さんからああああああああああああ
「元気と勇気をもらったよ、素晴らしいアルバムをありがとう」
そんなこというかあなた、笑わせる気かと思った。ちょっと冷静になってしまったやないか。

ヤスダスズヒト先生(デュラララの作者)
ユニゾンのことはインディーズ時代から知ってる、というか大好きでライブ通ってた
野音行く気だこの人
ヤスダさんからのお誘いがなければ喜怒哀楽は生まれなかった…だと…
先生ありがとう!!!そしてありがとう!!!!!

声優さん
福…園…美里さん…?
夜桜の声優さんかね?全くわからん。多分、田淵さんがこの前キャラソン書いた人だよね?

ex椿屋四重奏中田代表
代表ううううううううううううううう!!!!!!!!!!!!!びっくりしたあああああああああああああああ!!!!!!
「これからの季節にばっちりじゃない?この空気感は俺には出せない」
「因みに斎藤くんは弟系イケメンボーカリストの座を不動のものにして頑張ってください」
ぶれない、代表はいつだってぶれない

exサーフィス椎名さん
どおおおおおおおおおおサーフィスの椎名さんんんんんんんんん夢叶いまくってんじゃん田淵さんいいなああああああああああああ

ビッグママ金井くん
この流れからのビッグママ金井くんかわいそうだよ大好きだよ!!!!!!!
「斎藤くんの歌声は時にチワワのように可愛らしいし時にシェパートのようにセクシーだし」
斉藤さん「(範囲が)狭いな」
斎藤さんのツッコミはちょっぴりコールド

蒼樹うめ先生(ひだまりスケッチ、まどマギのキャラ原案)
うわーーーなんだよもーーードキドキするよーーーーー(うめてんてーのアルバム感想)
ぎゅぎゅぎゅっと、ぶわっと(うめてんてーのアルバム感想)
大ジャンプからの大ジャンプでした(うめてんてーのアルバム感想)
…すごい…萌え漫画家の意見だ…

大トリ
鈴木の母
「たかお、斎藤くん、田淵くん、元気にしていますか。たかおの母です」
なんだよwwwwwwwwwwwwww
音や歌詞のスピードについていかれないところもありますがそれがユニゾンの魅力です(鈴木さん「おばさんだから…(笑)」)
お母さんいいこと言ってたあああああ泣け泣け鈴木さん!!!!!!
田淵「オシャレ関係みてえじゃねえか!!!」


ラストコント映像
高尾山鈴木
いきなりのラップ…どうした…
しかもモザイクかかってる…
わけがわからないよ!!!!!!!お母さんの手紙だいなしだよ!!!!!!なにもつたわらなかったよシュールすぎたよ!!!!こんなラストでいいの!!!!??
鈴木さんが山に行って水とかうどんとか緑とか満喫しながら規制のかかる単語を連発するだけの謎の映像でした。ついていけないよ!!


あー楽しかった!!!今度はライブDVDかな!!!またユーストやってほしいな!!


2011年07月15日 | ホウ楽 | とっぷ