2011年ベストアルバム

2011年間個人的ベストアルバムー!!わー!!!
今年は大変な年でした
Sランクで好きなミュージシャンがほぼ全員アルバム出してしまった
バイン、長澤くん、ユニゾン、メレンゲ、タバコ、嘘つき、フラッド、ランク、ピロウズ
なんなの?これだけ私の好きな人揃ってて何で五十嵐アルバム出してないの?空気読めないの?
五十嵐の話は置いといて、ベストアルバム、今年は3作あります。


真昼のストレンジランド/GRAPEVINE

JUNKLIFE/長澤知之

待ちくたびれて朝が来る/クリープハイプ

「真昼のストレンジランド」と「JUNKLIFE」に関しては、これを聴かないで邦楽語るとかどうなのっていうほどに名盤です。もうちょっと本音を言わせてもらえれば、これを聴かないで生活するとか凄い損してるって主張したい。余計なお世話ですね。しかし本当に勿体無いから今すぐ聴けばいいです。暇な人は是非、以下にだらだらと書いてる私の絶賛文を読んで…読んだら余計聴きたくなくなるかもしれない…どうしたらいいんだ…早くツタヤさんに行ってください…
OLDE WORLDEの夏に出たアルバムも恐ろしく名盤の予感がしてるんですが、語れるほどまだ聞き込めてないんです…



GRAPEVINE「真昼のストレンジランド」

そして出会いが訪れて
いくらかここを愛し始めた
戸惑いながら

紛れ込む街の中で名前を忘れた
ほら転がってる石ころのような

(歌詞抜粋・風の歌)

もう タイトルがいい。真昼の異郷。異郷って書くとちょっとイメージが限定されてしまうように思えるからストレンジランドってしたんだっけか。バインで久々の日本語タイトルだって嬉しくなったうえにこのタイトルセンスに感嘆。ミュージシャンが普通に自分をアーティストって名乗るのが私はあんまり好きじゃないんですが、田中さんはもはやアーティストと呼ぶしかない。音楽の才能だけでは語れないほどに文学性に溢れる人だと思う。というか、文学性があるからあんな素敵な音楽が作れるんだ。
アルバム全体の曲の一貫性も素晴らしくて、一曲目からラストまでどこか現実ではない旅をしているようで、それでいて聴いてる人それぞれが脳裏に過る景色がちゃんとあるだろう一枚なんだ。
深い。本当に深い。これは大人が聴くアルバム。というか、中学生や高校生にこれがわかったらどんだけ老成してるんだ…それとも私が馬鹿なだけなのか…
半世紀生きた人がこのアルバムを聴いてどう思うのか、凄く気になる。
バインにしては珍しく、全体的に晴れたイメージのある、透き通った青空が見えるような曲の多いアルバム。邦楽でこんなに高級感のあって綺麗なアルバムを私は他に知らない。しかし曲自体は恐ろしい下ネタな歌詞もあるけど(Neo Burlesque)じっくり聴いて読まないと全然そうとはわからないし、そのバーレスクやミランダや411みたいな歌も深い深い夜の闇の中で、それもよどんではいないイメージ。
私が特別好きなのは「真昼の子供たち」「Neo Burlesque」「ピカロ」の3曲なんですが、これほど一枚通して何度も聴けるアルバムは初めてかもしれない。というか、途中で飛ばすことがあんまり出来ない。
どこか現実から離れた世界に行きたくて、かっこいい主人公になりたくて、でも自分の居る場所の愛しさを知っているっていう人に是非是非聴いてほしい一枚です。
バインは毎回当たり前みたいに名盤しか出さないけど、今回のものは本当に凄い。数年前くらいのアルバムからは毎回あまりにもレベルが高過ぎて、もう私にはついていけないんじゃないかと焦ってたんですが、今回の一枚は私にも耳と心にじんわりと広がって物語の世界のような景色が伝わる一枚で…でもクオリティ下がってないどころか上がる一方で…もうなんかこのバンド仙人くらいの域に辿り着いたんじゃ…
何度も何度も言いますが田中さんの歌詞の才能は国宝級で
今回のアルバムの歌詞、「真昼の子供たち」のあの文字の少なさであれ……ピカロもあれ…いやまたこの辺はベストソングの記事で語ります。
シカオさんの意見が聞きたいなあ。バインの事好きだったよなあ、田中さんの歌詞についてどう思ってるんだろう。この一枚聴いて読んでめちゃめちゃ悔しがってくれてたらいいのに。



長澤知之「JUNKLIFE」
全曲レビューはこちら

どうせ僕みたいな素面の酔っ払いなんて内心軽蔑してるでしょ?
一方通行で過去にしか永住権を持てない 社会の底辺で愛を叫ぶ ゴミ野郎だと軽蔑してるでしょ?
(夢先案内人)


僕は町を出たんだ もう嫌になったんだ
千羽鶴を折るように歩む生活の往来に
朝までファーストフードで 知らない人たちの日本語を聞きながら
バックパックを抱いて寝る 夢を見るまで夢を見る

何日も何十日も雲のように漂って
辞めやすいバイトを転々として理由を探してたけど
ある人は「無いよ。」と言って 見下すように話題を変えて
ある人は「有るよ。」と言って白装束に着替えだした

この頃いつも同じ空を繰り返し顧みてるのさ
それは此処にも何処にも無い かといって無いわけでも無い 遠い空
何にも分かっていないのに さもありなんと鼓動してるんだ
それは時計の針のように確かに ほら 確かに

(回送)

今年はこの一枚の一強だと思ってた。
バインはもう別格だからベストアルバムに入れるつもりなかったのに、凄まじいの出してくれたおかげで並べてしまった。でもバインと並ぶとかなんなの長澤くんなんなの。
長澤くんも、私は彼の絵が大好きで、音楽の表現にしても音楽だけであんなに魅力が表れるわけがないと思ってるので彼は無意識の自己演出も含めアーティストだと思ってるんですが、そんな長澤くんがやっとやっと出せた待望のファーストアルバム!!!!名盤じゃないわけがない!!!
全曲レビューは以前気持ち悪いほどに長ったらしく書いたので読んでやるよっていう方は是非そっちを読んでいただければと思います。
バインとは逆に、長澤くんのアルバムは10代の方々に是非聴いてほしいです。凄く共感出来る思想や、全くわからない意見や、驚きの発見をしたり、この一枚にはこれでもかって程にたくさんの感情が音に言葉になって詰められてます。ついでに言うと歌詞カードは全部長澤くんの手描きイラストなのでそれも合わせて驚けます。特に死神コールのイラストが私はツボすぎて暫く爆笑してました。
6300円で夢のような場所に連れてってくれよっていう歌から始まって、この世の次元内での恋愛じゃない恋愛をして、桃源郷に辿り付いて、お金に変えられないものの為にお金にしがみついて、でも結局全部夢だったんだよっていう、はじめっから自分には未来しかない事なんてわかってた、夢を見るまで夢を見た日々を綴った一枚です。
こじつけかもしれないけど、このアルバムは今回のバインのアルバムとテーマが似てないようで似てる。どっちも旅をしてる話なんだよなあ。バインの方は一旦落ち着いたよ、居場所を見つけたよっていう終わり方だけど、長澤くんのこの一枚は旅はまだまだ終わらない。この年齢と人生経験の違いが見事に歌詞に出てるのが凄く素敵だ。長澤くんが田中さんくらいの年齢になったらどういう歌を唄うんだろうなあ。


クリープハイプ「待ちくたびれて朝が来る」

僕は君が嫌いです 本当に君が嫌いです
その喋り方もその声も
何かを伝えようとする時のその間もその仕草も
でも僕は僕が嫌いです 本当に僕が嫌いです
この喋り方もこの声も
何も伝えられなかった時の 情けない感じも
(あの嫌いの歌)

完全に大穴でした。
今年の初めにファーストミニアルバムを聴いて、これはきついと思ってあんまりのめりこまない方がいいなと警戒してたバンドです…
以前別の記事でも書いたんですが、明るいバンドじゃありません。かといって暗いバンドでもなく、大学生のままごとみたいな恋愛を描くのが凄い上手いバンドで、下世話だなあ…っていうのが第一印象だったんです。これは貶しているわけではなく、それほどにリアリティのある歌詞なんです。私生活を覗かれてるようでぞっとする。
あんまり女性が聴いて嬉しい音楽ではないと思います。ざっと聴いてビッチ目線での歌が多いなっていう印象を受けたバンドです。
でも名盤だったんだよ…名盤だったんだよ…!!!!!!完全に大穴だったよ…!!!
尾崎さんの歌声は、完全に好き嫌いがあると思います。長澤くんよりも選り好みされると思う。正直私もあんまり好きな部類ではないなって思ってたんですが、聴けば聴くほどにくせになる。
あと、サブボーカルの人がいますよね?あの人の声は落ち着いててちょっと掠れてて聴き心地が良くて、ちょうどいい具合になってます。
一曲目からサビが「キライキライキライキライ」の連呼。しかし病んでいるわけではない。鬱バンドでもない。ただの小さな生活の中の揉め事を綴っているだけ。それが何でこんなに癖になるのか私には全く解りません。
収録されている曲の中でも特に「グレーマンのせいにする」と「ウワノソラ」は凄い。
「グレーマンのせいにする」はめちゃくちゃに私好みなので、イントロを聴いた瞬間にハマってしまいました。暫くの間ずっとこればっかり聴いてました。
「ウワノソラ」は、歌詞だけ見ると完全に病んでますね!!(笑)嘘つきだ嘘つきだ嘘つきだ、お前嘘つきだ!って、あんな可愛く言えるもんかとびっくりした。
ずーっと地味に地味にしんどくて生活臭に溢れてて恋愛に疲れたような歌ばっかりなのに、何故か爽快感のあるアルバムなんです。凄く不思議だ。歌詞だけだと絶対にそうはならない。このアルバムの殆どの曲が軽快なんです。で、勢いで憂鬱な歌詞を吹き飛ばそうとするように聴こえたりもする。
前作を聴いてて今作を聴いてない人は、「左耳」みたいな歌詞も曲もしんどいけど中毒性のある曲がいっぱいってわけじゃないです。「リグレット」みたいな曲がいっぱいあると思ってください。私はどっちも好きですが、「左耳」みたいな曲が量産されたら死ぬる。名曲だけどトラウマになる。


嘘つきバービー「ニニニニ」

これね
正直クリープハイプの一枚よりも好きなんですよ。好きなんだけど、この三作に並べるのは凄く違和感があって…
真っ当な評価はいつまでもされないだろう、変態性が表に出過ぎたバンドなんで…私はめちゃくちゃ好きなんですが、変態のふりしてギターめちゃくちゃかっこいいし…
真っ当な評価はされないだろうなって思いつつ、真っ当な評価をされてほしくもないって思う屈折したファンと本人達だろう非常に気持ちの悪い空気感が出来てるバンドです。正直に恐い。しかし名盤だった。
一応、メジャーデビューを意識して?してないとは思うけど…若干、一般向けにも作ってある…のかなあ…何ていうか、可愛いです。愛されスタイルを目指したのかと思った。
本当に好きです、この一枚。個人的には今まで出したバービーのCDのどれより好きです。聴きやすいし、可愛いし。慢性的に変態だけど。
フジファブリックが好きで、ゆらゆら帝国が好きで、変態だっていう方は是非聴いてみてください。この一枚が一番入りやすいと思います。どっちのバンドからも一緒にするなと言われそうですがね!!!


UNISON SQUARE GARDEN「Populus Populus」
全曲レビューはこちら

残念ながらベスト入りはしなかったです。3作が別格過ぎた。
でも多分、オリオンも喜怒哀楽もハミングバードも未聴でこのアルバムを聴いたら余裕でベストに入ってたと思います…既存曲が多過ぎて、アルバム曲の出来がちょっと弱く思えてしまった。オリオン、喜怒哀楽、ハミングバードの3曲は文句無しで今年の名曲リストに入ってます!!多分再生回数はぶっちぎってる。
正直言うと他のアルバム曲は、音も歌詞ももうちょっと作りこめるんじゃないかっていう曲ばかりだった。あくまで個人的意見です。それほどにファーストとセカンドの収録曲は綺麗にアルバムとしての形を成してると思う。
ユニゾンにとっては今年は飛躍の年だったろうな。オリオンで一気に知名度が上がって、だからこそ多くの人が手に取るアルバムがこのアルバムなのが悔しかった。確かにオリオンと喜怒哀楽とハミングバードの3曲があったら凄いバンドだっていうのはわかるだろうけど、違うんだよユニゾンはもっともっと素敵な曲がいっぱいあるんだよ!!もっとびっくりするようなラブソングがあるし、もっと緊張感のあるシリアスなロック曲もあるし、こんなに曲ごとにクオリティの差が出るようなバンドじゃない…!!
次回アルバムに期待してます。まだまだやってくれる。造詣の深い田淵さんならもっともっと引き出してくれる。


ACIDMAN/Second line & Acoustic collection
以前も書いた通り本当に名盤!!既存曲のアコースティックアルバムなんで、既存曲を知っているとなお感動します!!深夜に聴くとめちゃくちゃ癒されますよーー!!


中村一義/最高宝
これもベストアルバムですが、私は一義オタクなので一応。
私が音楽を聴いて、初めて、この人はミュージシャンの域を超えたアーティストだ!!って思った人が中村一義さんです。天才っていう存在が音楽の世界で、こんな若い人で居たのかって本当に驚いた。大して音楽に詳しくなんてないし無知で全くの子供の私ですが、はっきりと才能の凄さを感じてしまってます。音楽誌でもデビュー当時から散々天才だ天才だと言われていますが、1ミリも過大評価ではないと思う。
歌が上手いとか、ギターが上手いとか、歌詞が凄いとか、そういうことじゃなくて。もうそんな話じゃないんですよ。勿論歌は上手いし、歌詞も凄いんですが、だからってだけであんなに発見があってじんときて笑えて心臓がばくばく鳴って脳にイメージが溢れ出すような、そんな音楽が作れるわけがないんですよ。完全に才能なんです。
よくスポーツ漫画とかで、熱血努力家の主人公がどんどん強くなってって、最初のライバルとかもはや主人公の成長っぷりを説明するだけのキャラに成り下がって更なる強い相手と戦ってそれにも主人公が勝ったあたりで、努力ではどうにもなんねえこいつばっかりは才能だ…みたいな、素質だけで勧誘されてなんとなくそのスポーツやってるイケメンの真打が出てくるじゃないですか。そんな感じの人です。一義さん。何の説明ですかこれは。いや一義さんはなんとなくで音楽やってるわけじゃないですむしろ命かかってたような人です。
このベストアルバムは二枚組で、ソロの中村一義として活動していた頃の歌と、100sというバンド体制で活動している今の歌と入っているので、非常に聴きやすくなっています。100sはすぐに入りやすくポップに作られてる歌ばかりなのですぐ好きになれると思うんですが、出来れば一枚目、一曲目から聴いてほしい。才能がみっちりと詰まっているのは一枚目です。二枚目は凄く凄くわかりやすい音楽になってます。

うん、語りたかったのはこれくらいです!!ここまで読んでくださってありがとうございました!!


因みに2011年アルバム別再生回数はこちら↓

1 Populus Populus UNISON SQUARE GARDEN
2 とげまる スピッツ
3 JUNKLIFE 長澤知之
4 [vivo] LUNKHEAD
5 真昼のストレンジランド GRAPEVINE
6 Second line & Acoustic collection ACIDMAN
7 待ちくたびれて朝がくる クリープハイプ
8 ファンファーレと熱狂 andymori
9 AFOC THE MIX a flood of circle
10 HORN AGAIN the pillows

再生回数で言えばユニゾンはぶっちぎりです。
スピッツ、去年のだけど語ろうかな…って思ったんですが、スピッツは私が語らずとも音楽好きな人は聴いてるだろ…って思ってやめときました。
それにしてもファンファーレと熱狂強い。因みにユニゾンは20位までに一枚目と二枚目のアルバムも入ってます。聴き過ぎてやばい。

名盤ばっかり揃ったと思えば素敵な一年だったなあ。
来年はバインのミニとスピッツアルバムが既に決定してるよー!!!!
五十嵐空気読んでください。出てください。

2011年12月20日 | ホウ楽 | とっぷ