スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

GRAPEVINEユーストレポ

バインユースト観ましたかーーー!!!!
簡単にですがレポートです!!ほぼトークのみですが!!!


再配信、始まりはメンバー3人の生出演でのトークから!!!!久々の喋る田中!!西川さん!!亀井さん!!
田中の歌声とは全然違う地声が聞けて幸せ
もうほんと、ポニーキャニオン神対応
MISOGIの歌詞だって、あれ他の事務所じゃアウトだったと思うよ。…もしかしてポニーキャニオンまで田中の魅了され…ありうる…!!!!!!!
いや、魅了されてるから契約してるんでした。そうでした。とっくに魅了されてた。

以下3人のトークとライブレポート

田中「えー、2月15日に発売したMISOGIアルバムのプロモーションをしてください(台本読み上げ)とのことですが(笑)」
西川「プロモーション?(笑)……安い」
田中「(笑)」
亀井「ライブDVD付きのやつを買った方がいいですよ」
田中「あ、そうそう。一発撮りで今回の収録曲のライブ映像を入れてるんですがね、それはなかなか見ごたえのあるライブになっているんで、是非」
そのDVD付き限定版ですが、かなりの店で売り切れているらしいです!なんかタワレコがもう無いらしく…めちゃくちゃかっこいいライブ映像なので(楽園収録無しなのが泣きましたが)、アルバムを買う際は是非DVD付きを!!
ちょっと高いなと思ったんですが、amazonさんだと限定版かなり値引きされてますので!!

そして15周年という話になって、15年で何か変わった事があるかという内容で西川さん「太った」うん、全然スタイルいいですけどね。亀井さんもね。真ん中の人が華奢すぎるだけだと思いますよ。
田中さんは「酒に酔いやすくなった」一軒目の終わり頃の記憶が既に無いようです(笑)


ツイッターのMISOGIハッシュタグ関連のツイートを読み上げたり質問に答えたりするコーナー
田中が棒読みで読み上げ呟きとその感想

ベースのおじさんは誰ですか→田中「金戸さんのことですね、金戸さんをベースのおじさんというこの人は…(笑)」西川「誰でも観れる状況ですからね」田中「そうか、ファンじゃない人も観てるっていう…あ、14000人以上が観たの?そりゃ知らん人も居るわ…14000人って、それは完全に僕らの許容キャパを超えてますね(笑)」
亀井さんの下の名前を教えてください→亀井「(笑)とおるです」田中「なんでわからんかったんやろ」亀井「読めんかったんですかね」
アルバム聴きました、アルバムではいまいち乗り切れずどうかなと思ったけどライブは良かった→亀井「…え?文句?(笑)」田中「(笑)いや、ライブは良かったと…文句ですね(笑)」
更にアルバムわけわからん的な感想→亀井「なんか失礼な投稿多くない?(笑)」西川「(笑)なんでこんな投稿ばっかりきてんの?(笑)」田中「(爆笑)」
田中がもう耐え切れずおかしくて仕方ないという風に笑いっぱなしだったのがこっちもツボすぎて…あれはスタッフ(枠外でずっと笑ってる人達)の選出に悪意があったよ!!(笑)
ONIマジやばい、大江健三郎のインスパイアに違いない、私にはわかる→田中「俺大江健三郎ひとっつも読んだことないですけどね」
によによが止まらん→田中「によによっていうのは…」亀井「ニヤニヤではないんやね」
世界一好きすぎるぞ→田中「そういう方もいらっしゃると」
バインの曲タイトルが(ツイッターの)トレンドに入るなんて感激→田中「トレンドってなんぞ」
今日のセトリは意味がわからないくらい神でした→田中「(笑)神っていう意味がわからないですね」
おかしいでこのセトリ/神セトリでしたー/セトリが号泣するレベル→田中「ちょっと思ったのは、セトリって言葉は世の中で当たり前なんですね。あと神って言葉も…ほーう」
田中の白シャツのせいで神に見えた/田中が天使に見えた→田中「あ、セットリストっていうか僕が神に見えたんですね(笑)」西川「ちょっと透けてたんじゃない」田中「僕が(笑)」亀井「(神に)仕えてんねや」田中が神の意味を勘違いしてしまったじゃないか!!
ツイッターのノリと田中のコメントが全くかみ合ってなくて終始爆笑して聞いてしまった。現代ツールに染まってない田中さん素敵です!!!!


田中「(再配信ライブの)みどころをいくつか教えてくれと」
亀井「観てないからなあ」
田中「…そうやね。自分らで観てないからね」
亀井「特にアクシデントもなく…おごそかに…」
田中「(笑)」


そしてここからは確実に架空投稿。スタッフの仕掛ける悪ノリ投稿にバインが対抗する図になっております。

田中「(スタッフに渡されて)ファックスきた!この時代にファックス!!えー、“西川さんをこの前のライブ後見かけました。70代後半くらいの紳士とお話してましたよね、どういう関係なんでしょうか”……(爆笑)」
亀井「(爆笑)」
西川「……いや俺そんな覚えない…ないけど…」
田中「(笑)誰なんでしょう、うちで紳士なんか…金戸さんくらいじゃ、金戸さんでしょうか」
西川「誰ー…?かねやんかなあ…」
田中「(笑)もうこの際カミングアウトした方がいいんじゃないですか」
西川「何を!?」


田中「(スタッフに渡されて)ハガキもきた!何故ハガキや!“飼い犬に手を噛まれるということわざがありますが、飼い主の手を噛むなんてどんな犬なんでしょうか。狂犬病が不安です”…」
西川「これほんとにうちにきたハガキなんですか?」
田中「(笑)」
西川「絶対間違えてるでしょう(笑)」
田中「どんな犬って…まあ土佐犬とかやったらめっちゃ痛いし恐いでしょうね………あ!!!!思い出した!全然関係ない話なんですけど!3センチくらいのカメレオンが発見されたんですよ!めっちゃちっちゃいやつ!それがめっちゃええなって…それだけです」
亀井「それは飼えるの?」
田中「(笑)飼えませんけど」
西川「あれ、発見した人が凄いよね」
田中「ほんまちっちゃいんですよね、マッチ棒の上に乗って比較されとって…」
カメレオンの話を始める時にめっちゃテンション上がってたんですが、自分だけテンション上がりすぎたのが恥ずかしかったのか次第に声音が小さくなっていったのが死ぬほどかわいかった。死ぬほどかわいかった。


亀井「封筒で来た(笑)」
田中「(暫く爆笑)嘘つけ!!“横須賀でスナックしゃれこうべ(洒落神戸)を経営している者です。来年の6月に当店が21周年となります。つきましてはグレイプバインさんに当店で演奏をしていただけませんでしょうか。ギャラは交通費込みで2並びでどうでしょうか…(この辺で限界がきてメンバー全員爆笑)…最悪の場合ドラマーだけでも構いません、ボーカルとギタリストは当方でご用意いたします”ふははははは(笑)」
西川「(用意)出来るんや(笑)」
亀井「なんでやねん(笑)」
田中「自分で唄いたいだけやろこの人!」
しかもこの店しゃれこうべって名前やけど横須賀にあるやん、そんで来年21周年という事は今年が20周年って事やろ、今年は呼ばへんねや、今年やれや、しかも今年まだ6月来てへんから20周年迎えてへんしとか、めっちゃツッコんでました。「この手紙めっちゃツッコむ場所用意してるなー…あかんわー…」とニヤニヤしながら喋る田中さんとスタッフさん達のしめたような笑い声が凄い楽しそうで、超絶内輪ノリじゃないですか!!!!


田中「ファックス!またファックスきた!!“亀井さんがバンドをやる以前、映画「しこふんじゃった」に出ているという噂を聞きましたが何度観てもどこに出ているのかわかりません。一体何の役でどの辺りに出ているんですか”
亀井「僕は、まげを結う役で出ていましたね。とこやまさん」
田中「ほーう(笑)なんて名前で出てたんですか?」
亀井「とこやまお」
田中「ふふんしょうもな(笑)」
このドSっぷりが好きです!!!!


田中「“我が家には玄関というものがありません”
亀井「(間髪入れず)嘘つけ」
田中「“何故ならいつでも門戸を開放しどんな人でもいつでも迎えようという祖父の教えからそういう事になっていて…(省略)しかし冬はやはり寒いです。こんな我が家に心の温まる一曲をお願いします”ふーん、素晴らしいことじゃないですか。てことは入ってくる人も居るっていう事ですね」
西川「鍵をかけてないっていうことじゃなく、開け放してるって事やね」
田中「門戸開放ですからね。何の曲にする?」
亀井「ドアーズの曲でも」
田中「(笑)開けているという意味で?何にする?ジ・アザーサイドにする?」
亀井「うん」
田中「じゃあそれで」


後は普通にライブの紹介をして終わったんですが、終始ゆるーく素の状態で喋ってる三人にめちゃくちゃ癒されてしまいました。いいよなあ、ちっとも老けた感じを見せないくせに若さなどは微塵もないっていう…妖精か何かか…


で、肝心のライブなんですが!!
セトリ!!

MISOGI
ONI
this town
sabbath
Reverb
RAKUEN(訂正線入り)
SATORI
ANATA
Glare
YOROI
Suffer the child
100cc
ミスフライハイ
真昼の子供たち

en.
Vex
望みの彼方

バインはファンを殺す気だと思った
実際PC前で死んだ人が数人はいたはずだ。ライブ会場は半数以上が死んだと思う。
いいいいいいいいなああああああああああああああこのセトリ生で観た人達うらやましいなあああああああああああああああ
私は二度死にました。

さばす
さばすやったんだよ
リバーブやったんだよ
ぐれあやって
サーファーチャイルドやって
100ccやって
ミスフライハイやって
真昼やって
べっくすやって
望みの彼方…………
あれ
なんだろう、思い出しただけで涙が出てきた
極上のセッション
極上のライブ
しかも無料
おかしいな、どこにも課金ボタンがなかった
詐欺だ
振り込めない詐欺だ
その内請求が来るんだろうか。喜んで払おうじゃないか。財布が空になっても悔いなどあるわけがないくらいに素晴らしいライブだったもの。
どれくらいにかっこよかったって、ヘッドフォンの音量をどんどん上げていって完全に音洩れして耳が痛くなるくらいになって
曲が変わる度に発狂してのたうちまわってました。因みに二回目はちょっとだけ冷静になって観てたんですが、サバスとリバーブと100ccとミスフライハイが始まった時にライブ会場のお客さん達も悲鳴あげてた事に気付きました(笑)それをかき消すほどの自分の悲鳴こわい


曲ごとの感想は、このセットリストを皆さんプレイリストに組んでCDで聴いてみればどれだけ私達を殺しにきた内容かがすぐわかると思いますので
もういいよね
サバス…サバス…ミスフライハイ…!!(嬉しすぎた)

新譜はどれもこれもライブに相当映える曲でしたが、中でもMISOGIとONIとYOROIはやっぱりバインならではっていうか、MISOGIなんかは王道中の王道でも、ムジカのインタビューでも、あれを若手がやってもいいものにはならなくてやっぱり経験積んでるバンドだからこその面白味と贅沢具合があるみたいな事を言われてましたが、まさにその通りのライブで!!

やっぱり、抜群に演奏が上手かったです。ディスタウンの時の田中と西川さんのピロピロセッションかっこよすぎた!!
あ!!!!!あと何の曲だっけ!!何の曲か忘れたけど、田中が後ろ向いて亀井さんのドラム?を両手でそれぞれスティック握ってぽこぽこしてたのが殺人的可愛さだった!!!!なんだあれ!!なんだよ!!!ツアーでもやってください!!!!
そんで田中の歌がまだ進化する…曲によって唄い方が変わりまくるの凄まじい…

とんでもなく素晴らしいライブでした!!!!去年のアコースティックライブのユーストも素晴らしかったし…本当に間違いないバンドだ…
新譜に関しては、また…年末あたりに…絶賛するに違いないから…


あと、スペチャ見た!!
RAKUENが訂正線が入ってるから、つまり楽園じゃないならあれの読み方を教えてくれって話になって
田中「あれの読み方はらーくーえーんーって読めってうちのマネージャーが」
パペット「……本当に 15年 よくやってこれましたね」
このやりとりにたまらずふいてしまった。


レポートは以上です!!観れなかった方、早くセトリでプレイリスト作って聴く作業に入るんだ!!!
幸せな日々だった!!ライブ行こう!!まだゲストバンドが決まってないからどのライブに行くか決めかねてる!!!!

2012年02月19日 | ホウ楽 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。